出雲大社を詣でて今年こそ素敵な出会いを見つけましょう

- 出雲大社を詣でて今年こそ素敵な出会いを見つけましょう

大阪城と桜

出雲大社を詣でて今年こそ素敵な出会いを見つけましょう

日本海側は、大雪のイメージもあるため、どうしてもマイナーな存在です。現在の主要都市は太平洋側にあります。一時期は裏日本との呼称もありました。とはいえ古代を鑑みれば、日本海側こそ中国や韓国への玄関口であり、日本の中心でした。その最たるものが出雲の国であり、国内にいる神々が集まる出雲大社です。格安航空券であっても、一度参拝すれば、素敵な出会いに恵まれるはずです。

出雲大社までのアクセス

JALのみですが、出雲大社までは出雲縁結び空港が最短です。例えば羽田空港7時25分発、出雲空港8時50分着です。普通運賃34,890円ですが、先得なら14,690円なので約6割オフです。

空港からはバスがあります。出雲大社までの直通バスもありますが、1日3便しかないので、事前に時間をチェックしておきましょう。

確実なのは、一度JR出雲市駅まで行く方法です。約30分片道720円です。そこで乗り換えて25分490円で、出雲大社の前まで行けます。

帰りは出雲空港19時25分発、羽田空港20時50分着です。料金は先得で18,290円があります。

出雲大社とは

出雲大社は神話の時代から知られる国内でも有数の神社であり、神々が集まる総本山です。最近では縁結びの神として若い女性などから注目されています。

とはいえこの縁とは、男女間に限ったことではありません。人生における様々な出会い、仕事や勉強も含めて、コミュニケーション力を高めるパワーももらえます。

ちなみに「いずもたいしゃ」と言いがちですが正式には「いずもおおやしろ」です。お参りをする際には、正しく呼びかけましょう。

なお現在の本殿は、平成の大遷宮が行われ平成25年にできました。また平成29年11月には宝物殿がリニューアルオープンしました。新しい出雲大社だからこそ新鮮なパワーがもらえるはずです。

出雲のご当地グルメ

灯篭流し

日本人は三大〇〇が好きですが、出雲にもあります。出雲そばは、日本三大そばの一つと言われています。ちなみに他は、岩手県のわんこそば、そして長野県の戸隠そばだとか。そばは縁結びにも良いようです。

もちろん日本海側なら海産物も豊富です。中でも島根県周辺はノドグロが有名です。アカムツとも呼ばれますが、ノドグロが食べられるお店が出雲周辺にも多くあります。一夜干しも絶品です。

なお出雲大社の正門前に、ご縁横丁と呼ばれる小さな商店街があります。女性に人気の甘味もあり、中でも出雲産大納言小豆を使った甘納豆である干しぜんざいがおすすめです。疲れた身体が癒えますよ。

実際に足を運ぶことで良縁に恵まれます

日本中の神様が出雲大社へ集まる際は飛行機を使わないでしょう。しかし私たちには格安航空券があります。ネットで参拝できる時代ではありますが、実際に足を運ぶことで御利益が得られます。良縁に出会うパワーももらえるでしょう。